『気づく』という事の、本当の意味

気づきは、高みへと導いてくれる大切なサイン。

そのサインと来たら
どうしてもどうしても欲しい!
なんとかして欲しい!

と思っている時は、なかなか気づけない( ̄▽ ̄;)

どうやら、気づきというのも特性があるようだ
と、そんな事に
コーチ業15年目にして思ったことがあるので書き綴ります~。

私の15年の起業人生を振り返ってみると

トントン拍子に事が運ぶとき、そうでない時
その両方が気づきと関係が大きくある。

苦しくもがいている時ほど、本当に気づきを求めている。

何かに気づく事ができれば、対応・対処できるからだ。
そんな時、
「いったい、何に気づけばいいの!?」
「分からない!」
「もうなんとかして!!」
「私の何が悪いのぉぉぉぉ(ToT)」

と、いくら気づこうにもいっこうに気づけなくて
なげき悲しむこともしばしば。

変に勉強ばかりしているから、「自分に原因がある」という事は解る

解るけどぉぉぉぉ!!!だからといって「何が原因か」が分からない。
つまり、
「うまく行ってない原因が、てんで解らなくてもがくのだ」

そんな時、気づきはやって来ない。ザンネンながら。
もっと別な事に気付かない限り、自分で自分を救えない。

で、片や、気づきが多く未来が開けていく感じ。

こういう時、敢えて気づきを求めたりしていない。

そう、そんな時には、「勝手に気づくのだ」

なんでだろう??と思うと・・・





もがいている時 ⇒

勝手に気づく時 ⇒

この矢印の先にはどんな文章が入ると思いますか?

私の体験から、

もがいている時 ⇒ 過去を見ている

勝手に気づく時 ⇒ 未来を見ている

という事が判りました!!!

気づきは、未来を創るためにあるんだ!と!\(^o^)/

モチロン過去を思い出して「気づく」こともあるでしょう。
だけど、よーーーく考えてみるとそれも
「未来」のため。

私たちは、未来にどうありたいか?
そして、現在の自分がどうか?

そのギャップを埋めようとして「気づき」が起こるんじゃないかな。

そんな事にふと気がついた午後のひととき。

気づきが人生を豊かにする。
なりたい未来が描けているなら気づきは必ず起こる。

あなたを高みへ連れ出そうとして「気づき」の方も
きっと必死でサインを送っている。

過去ばかり見てもがき苦しむ事から卒業して
未来をよりよいものにする為に切磋琢磨して
たくさんの気づきを得て・・・、人生を楽しみたいね(^^)

 

※ただいま、エネルギーマネジメントについてのプログラム準備中です(^^) だいぶ出来上がって来ました☆

コーチングをご検討の方はこちら
無料メールセミナーはこちら
個人相談承りますこちらからどうぞ

関連記事

  1. 調える、という事

  2. 希望はなくならない、自分が・・・見失っているだけ!?

  3. むかし宣言してた事を見事に忘れている、の件

  4. やる事を決める、止める事を決める、どっちが先?

  5. やろうと思った事を今すぐにやるという事

  6. 「すべき」と「ねばならない」の差

  1. 2021.07.19

    調える、という事

  2. 2020.04.29

    『気づく』という事の、本当の意味

  3. 2020.04.29

    調える道=幸せの道 エネルギーマネジメントのブログ一覧表…

  4. 2020.04.27

    やる事を決める、止める事を決める、どっちが先?

  5. 2020.04.16

    むかし宣言してた事を見事に忘れている、の件

  1. 登録されている記事はございません。

コーチブログカテゴリー